読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

2015年2月14日〜22日第四回「神楽坂・レラドビブリオテック」のお題本・古本市企画のご案内

◎2015年2月の「レラドビブリオテック」お題本古本市会場は「クラフト孝和」さんとなりました!

「新春古本出初め市」をやります!

同時開催・お題本「あなたの口福本(こうふくほん)」

 

「レラドビブリオテック」を直訳すると「図書館のねずみ」!?

 [Les rats de bibliotheque]は「図書館のねずみ」と直訳。「本の虫」を意味フランス語です。

神楽坂を本の街にしたいという、楽しい願いが込められているのですね〜

皆で、本の虫になりましょうネ〜

 

「レラドビブリオテック」マップ掲載(予定)文

実行委員には、嬬恋村から東京に帰ってきた「うす沢」さんがいますよ!

元気で頑張ってますよ!

マップ掲載原稿を、至急ということで、下記の文を送信しました。

-------------------------------------------------------------------------------------------

神楽坂で、美味しいものを食べて呑んで、口福(こうふく)になりたい!
と願いまして、今回の「お題本」は、美味しいものがでてくる本「口福本」です!

本のフェアで、酔(よ)き本と酔き人に出会いますように!!

期間: 2015年2月14日(土)~22日(日) 11:00~16:00 (14日のみ13:00スタート)
場所: クラフト孝和 

 http://craftkowa.blog.fc2.com/

〒162-0814 東京都新宿区新小川町5-9 クラフト孝和 2階

神楽坂から徒歩10分。飯田橋から徒歩7分

☎ 050-3632-2717

主催: お題本の会 http://ricochet_odaihon.hatenablog.com/

------------------------------------------------------------------------------------------

◎古本仲間の皆さま、出店よろしくお願いします!

 本日から、出店受付開始します!

 メール rico-info@ricochet-books.net

 

◎会場の「クラフト孝和」とは?

石曽根和佳子(いしそね わかこ)さんが主催する多目的ギャラリーです。通常は表装教室を開催しています。

展示だけでなく、ジャズライブも開催したりと、いろいろやってますよ〜

すご〜〜く広い空間です

 

*レラド会期中の「クラフト孝和」イベント予定

2月14日(土)「つーしんさんのバレンタイ俳句講座」(仮題)14:00〜16:00予定

2月18日(水) 新宿中央図書館「本の修復ワークショップ」

2月19日(木) 石曽根和佳子さん(クラフト孝和)の「和綴じ本のワークショップ」

 

*「バレンタイン」も季語だそうですよ

神楽坂の地域冊子『かぐらむら』でも誌上句会があり、お題は2月号で発表されるそうです。投稿しませんか?

 

----------------------------------------------------------------

◎古本市とお題本---出店要項・条件などのご案内

●古本市出店料 1000円

●「新春古本出初め市」は、出店者さんが自由に選書し、冊数も自由に出品してくださ い。

 広いスペースなので、一人30冊以上くらいないと、ボリューム感がでないかもです

 50冊〜100冊以上でも可能ですよ〜

●箱(ワインの木箱)は用意可能です。ご一報ください

●販売する古本には、スリップ(本に挟んである短冊状の紙)を付けてください。

 スリップには「屋号」「値段」は、必ず記載してください。

 余裕があれば「書名」も お願いします

●「「屋号」の看板」を用意していだくと、ありがたい!賑やかでいいですよね〜

  サイズ:A4 〜A3くらいまで。 1枚

  14日当日、会場で描いてもいいですよ〜「キットパス」を用意しておきます

 

:::::::::::::::

 

●お題本・「あなたの口福本(こうふくほん)」

・美味しい食べ物や、飲み物(お酒など)が書かれていて、お口の中から幸福になる本を 「口福本」とします。選書してみてください

 

 「お口の中から幸福になる本」「口と福」ということで「ひねり」をきかせてみても  OKですゾ! 笑いをとりましょゼ〜!

 

・絵本、児童書、小説、エッセイ、漫画、料理本など、ジャンルは問いません

・一人5冊以上。新刊、古本どちらでもいいですよ!

・展示販売しますので、スリップ(本に挟んである短冊状の紙)を付けてください。

・スリップには「屋号」「値段」は、必ず記載してください

 余裕があれば「書名」も お願いします

・展示のみ「非売本」OKです。明記してください

・各本に「口福本・選書コメント」を書いて、添付してください。

 字数は、200字以内

 

●搬入と搬出

・直接搬入の場合-----2月14日(土)11:00から搬入開始。展示作業を13:00までに終了し

 ます

・14日(土)のみ13:00〜オープン

・配送の場合「14日12:00」で指定して、「クラフト孝和」までお願いします。

 配送費は各自負担となります

・搬出は、22日(日)16:00〜となります。

・搬出の返送は可能です。着支払となります。

・搬入・搬出については、個別に相談対応いたしますので、何なりと言って

 くださいませ

 

●店番お手伝いのお願い

会期中の店番は「東京セドリーヌ」さんと「うす沢」さんが担当していただけますが

できたら「ご都合の良い日」に「短時間」でもよいので、店番手伝いできる方を募ります!ご協力よろしくです!

15日(日)・16日(月)・17日(火)・20日(金)・21日(土)の11:00〜16:00の間のどこかの時間

 

25日、29日、30日で「お題本」が追加されました!「お題本」が売れました!

◎「うらら屋」さんが、お題本を追加しました!

29日、玉ノ井カフェ.に来店。「お題本」2冊追加しました

ありがとうございます!

選書コメントは、本に貼ってある付箋を読んでくださいね

*『酒場漂流記』なぎら健壱・著 ちくま文庫

*『ポテサラ酒場  ポテトサラダ好きが通う名店案内』

マッキー牧元・監修 辰巳出版

 

f:id:ricochet_naminori:20141129151532j:plain

f:id:ricochet_naminori:20141129151541j:plain

 

 

◎「朝霞書林」さんがお題本コメントを追加しました!

25日に「朝霞書林」さん、来店しました。コメントを追加。

ありがとうございます

これから、新宿地下街古書市をはしごするそうです

 

f:id:ricochet_naminori:20141130142938j:plain

 

 

f:id:ricochet_naminori:20141129151632j:plain

 

◎「honnoki books」さんがお題本を追加しました!

30日、本の追加とお題本の追加がありました。

ありがとうございます

 

『味覚極楽』子母沢 寛・著 中公文庫

池内紀の仕事場8  世間をわたる姿勢』みすず書房

f:id:ricochet_naminori:20141130152436j:plain

 

f:id:ricochet_naminori:20141130152441j:plain

 

◎「甘夏書店」さんのお題本コメント

f:id:ricochet_naminori:20141129174007j:plain

 

f:id:ricochet_naminori:20141129173958j:plain

 

 

 

「お題本」売れました!『編集者の食と酒と』

◎お題本『編集者の食と酒と』

重金敦之・著 左右社

朝霞書林さんの出品本。朝霞さんからコメントがきました

「重金さんは、池波正太郎さんに付いていた編集者で池波さんお勧めの老舗名店で一緒によく飲んだそうです。何とも羨ましいことです。」

そうなんですね〜

東向島、鐘淵周辺は、池波正太郎剣客商売』の舞台にもなっているので、池波正太郎好きな読者がいるかもですね。

 

写真は「お題本」と、24日に売れた本です

(玉ノ井カフェ.店長・撮影)

f:id:ricochet_naminori:20141125115004j:plain

 

◎「お題本」の追加予定

(25日か28日までには追加予定です)

*「東京セドリーヌ」さん

『新洋酒天国 世界の酒の旅』佐治敬三・著 文藝春秋刊 

1976年4月、第7刷

NHK連続テレビ小説「マッサン」がニッカウヰスキー創業者の竹鶴政孝さんがモデルです。登場人物の「鴨居商店」の鴨居欣次郎は、サントリーの創業社者がモデルとか。

うまい酒を知るというのも、酒飲みの楽しみなのでは-----

ちびちびやりましょうね〜

著者の佐治敬三さんは、昭和36年(株)寿屋社長に就任。昭和38年(株)寿屋をサントリー(株)に社名変更し、引き続き取締役社長となる。著書『洋酒天国』がある。

この本は、美食と美酒を求めて、世界各地を旅して書いた本です。

ぜひ、一読してくださいな

 

『酒呑みおじさんは今日も行く ぜんぜん酔ってません』大竹聡・著 双葉文庫

 

泥酔している酔人がよく言ってますよね「ぜんぜん酔ってません〜」と(笑)

いいタイトルです。居酒屋本のベストですよ!

酒呑みおじさんは今日も(居酒屋に)行く、ですね。

ほどほどの酒量がよいかと----

 

 

f:id:ricochet_naminori:20141118134603j:plain

お題本の追加です。「うらら屋」さん、「朝霞書林」さん、「甘夏書店」さん

◎11月21日(金)から「玉ノ井カフェ.古本市東向島古本玉手箱」が始まりました。

 

出店は、「朝霞書林」「甘夏書店」「うらら屋」「honnoki books」「東京セドリーヌ」です。

いい古本が集まっていますよ〜ぜひ来てください!

12月14日(日)まで。11:00〜18:00 水曜・木曜定休日

 

◎「お題本」の追加紹介

*「うらら屋」さん

3冊「お題本」を出品。ありがとうさん!

コメントをオビに書いてくれました。コメントなかなかいいですね〜!

センセイの鞄』『バーボン・ストリート・ブルース』は再読したくなった。

レモン・ハート』は、未読なので、読みたい!

 

*「朝霞書林」さん

『編集者の食と酒』重金敦之 左右社

『京都大衆酒場』京都モザイク編集部 青幻舎

昨日、展示いたしました。

『ソバ飲み散歩』平尾香 

近日中に出品予定です 

 

f:id:ricochet_naminori:20141121161451j:plain

f:id:ricochet_naminori:20141121161442j:plain

 

f:id:ricochet_naminori:20141121161430j:plain

 

 

 

久々の「odaihon's diary」の更新。「玉ノ井カフェ.古本市東向島古本玉手箱」にて「お題本」

◎お題本は、「東京居酒屋酒肴帖」

このお題は、太田和彦・著『自選 ニッポン居酒屋放浪記(新潮文庫)から「江戸居酒屋酒肴帖」をいだだき、ほんの少しひねりました

「酒肴帖」なので、酒のはなし、肴のはなし、などの本や、居酒屋が登場する小説やエッセイ、居酒屋メニュー料理本、居酒屋ガイド、などなど、一人2冊以上出品していただき、選書ポイントを短く書いたポップを付けて、展示販売します

「東京」とつけましたが、東京に限らず、全国規模の酒の話し本をお願いします

 

◎会期中は、いつでも「お題本」出品受付します!お待ちしていますよ〜!

 
◎おひさま文庫
*『酔客万来』酒とつまみ編集部・編 ちくま文庫
 愛すべき「人間失格
*『焼酎のつまみ』福山秀子
「小鹿」(鹿児島県鹿屋市) 焼酎好きの夫がよく呑む。焼酎苦手、日本酒好きの妻がこれだけは呑める「小鹿くろ」
 

f:id:ricochet_naminori:20141118095746j:plain

f:id:ricochet_naminori:20141118191532j:plain

 

◎古書ほんの木

*『酒道楽』村井弦斎 岩波文庫

これはユーモア禁酒小説

*『酒をつくる』

居酒屋大好き!休みの日はづすればいいの?そうだ、家でお酒をつくっちゃおう!!

f:id:ricochet_naminori:20141118191521j:plain

 

◎甘夏書店

*『のんべえ 春秋』(1)~(4)

 

f:id:ricochet_naminori:20141118191752j:plain

 

◎東京セドリーヌ

『きのこ文学名作選』飯沢耕太郎・編 港の人

読書と酒とつまみがいっぺんにできる本。読んで、イメージしたきのこ料理を作ってみるのはどうかな?

萩原朔太郎夢野久作加賀乙彦・村田喜代美・八木重吉泉鏡花北杜夫中井英夫正岡子規高樹のぶ子狂言集「くさびら」・宮澤賢治南木佳士・長谷川龍生

木・いしいしんじ。 

限定特装版3000部のこの本は品切れ。こんな贅沢な装幀の本は、もう創れない!

 

『わが酒の讃歌 文学・音楽・そしてワインの旅』

コリン・ウィルソン・著 田村隆一・訳 徳間書店

序章で笑いました。「ワインと肝硬変」ですぞ!「どんな病気も、アルコールによって直接ひきおこされるものではない-------」らしい。されど、飲み過ぎは、いけませんよ!毎日の飲酒には軽くて頭にこないワインがいい、と著者は書いている。ワイン讃歌本ですね。ワインにあうつまみを作って食べようか-------

 

『酒のさかな』高橋みどり・著 ちくま文庫

タイトルからして、お題本そのものですよね。最新刊本です。

神保町の取次店売で平積みになっていて、すぐに買いました!「幻の名店おかみ 船田キミエさん」は、自由が丘で「ぽんぽん船」をしていて、現在は「カフェにぼし」を営業しているそうです。つまみは、どれも作ってみたいものばかり。「船田流味つけの素」は、料理の基本知識として役立ちます!ぜひ、読んで!

 

f:id:ricochet_naminori:20141118191543j:plain

「下町ハイファイ古本市 in 東陽町ダウンタウンレコード」開催中!8月31日(日)まで!

暑中お見舞い申し上げます

すご〜〜い久ぶりの更新となりました

いかん、いかんと思い、マメに書きますので、よろしくです

 

●「下町ハイファイ古本市」いい古本揃ってますよ!

出品者さんは、dombee books・gomadonto books・眺花亭・ドーナッツブックス・ほんの木・レインボーブックス・ブランディン・東京セドリーヌ です

 

●古本市の特集は「ライブ・ツアー・イン・ジャパン」

70'~80'年代のツアー・パンフレットを販売しています。かなり売れているようです!

 

●「下町ハイファイ古本市」関連イベント

8月16日(土)18:00~「レコdeトーク★ディスクジョッキー・イン・7インチ・ヘヴン」

石原剛一郎(編集者)×梅村昇史(デザイナー)

は満員御礼となり、楽しい会になりました。報告は、明日書きます

f:id:ricochet_naminori:20140815111724j:plain

f:id:ricochet_naminori:20140815111855j:plain

「レインボーブックス」さんから、向田本の追加、預かりました!

●レインボーブックスさんと古本行脚?

本日、仙台からバスで帰ってきたという「レインボー」さんと「浦安駅」で待ち合わせ。

「レインボー」さんは浦安駅から5分のところのある「猫実珈琲店」さんで開催の「一棚古本市」に搬入する。

「向田本」を預かるのと、「猫実珈琲店」を紹介してもらう。

「猫実珈琲店」さんは、お家カフェ的でいい感じなカフェです。

ワークショップを開催中。

http://nekozane-coffee.com

 

東陽町ダウンタウンレコードさんに「下町ハイファイ古本市」のちらしを取りに行く。

できましたよ!大瀧詠一さんの似顔絵入りの素敵ちらしです。

「矢來町カフェ」で配布します。

 

清澄白河に出て「しまぶっく」さんに寄り、早速「ダウンタウンちらし」「オカトーーーク!」「レラドビブリオテック」のマップなどを置いてもらう。

「深川いっぷく」に納品。

明日12日から開催の「さんりく◯マルシェ」で販売してもらう「復興プロジェクト・岩手宮古市・かけあしの会」の海産乾物を納品する。

300円均一ですよ!買いに来てね!

「かけあしの会」の東京販売の手伝いをしてます。

 

レインボーさん、もうくたくたで帰って行きました。

つき合わせてしまったようで、申し訳ないね〜

 

●「レインボーブックス」さんの追加リスト

(2014年2月11日預かり)

5点5冊(ダブリ1点)

(3)『からだの読本1』石山俊次・小林太刀夫・暮らしの手帖社

(32)『おばあさんの知恵袋』桑井いね・文化出版

(55)『火宅の人』壇一雄・新潮社・新潮文庫(上)(下)

(89)『特別料理 異色作家短編集2』エリン・早川書房

(95)『サタデー・ゲーム』ブラウン・メッグズ・ハヤカワ・ミステリ

 

関連本

向田邦子の手料理』監修・向田和子 講談社

 

「レインボーブックス」さん、ありがとうございます〜

(3)『からだの読本1』の分厚いのにビックリ!です。

877ページ、5.5cm、函入り。昭和51年、10刷。定価2300円。装本・花森安治

 

(89)『特別料理 異色作家短編集2』エリン・早川書房も、揃いではあるのですが、単品では

なかなか探せない本ですね

 

 

●「古本女子会・東京セドリーヌ」さんの追加リスト

(2014年2月11日)

2点2冊(ダブり1点)

 

(46)『楽しみと冒険3 美食文学大全』篠田一士・新潮社 

 

「東大赤門前 大山堂書店」の値札半券が貼ってある。

楽しみと冒険』シリーズは、全10巻あり、4点は集まりました。

このアンソロジーの中に(85)『饗宴』吉田健一が入っています。単本ではないですが、読めるということで

お知らせしておきます。

『饗宴』は、『あまカラ』(昭和29年12月〜30年2月)発表、集英社刊『吉田健一著作集』第四巻収録

とあった

 

(37)『ヨーロッパ退屈日記』伊丹十三文藝春秋・文春文庫、1998年1月の21刷

 

●いよいよ明日13日展示作業で、フェア開始となります。

宣伝よろしくお願いします

 

最終日まで、神楽坂・レラドビブリオテックに参加している店をのぞきながら「探書」

してみましょうね

 

本日12日に準備の打ち合わせで「矢來町カフェ」さんに行ってきます。

皆さまとは、明日会えることを楽しみにしています

 

 

●2月12日までの集計:63点78冊 となりました!

 

●「未探書」リスト------あと39点が「未探書」

 

(1)『おそうざい十二カ月』小島信平・暮らしの手帖編集部

(2)『おそうざいふう外国料理』暮らしの手帖編集部・暮らしの手帖社

 

(4)『季刊誌 あさめし ひるめし ばんめし』みき書房/1980年22号

(向田邦子「麻布の卵」掲載)

(5)『美食三昧』トゥールーズロートレック モーリス・ジョアイヤン・座右宝刊行会

 

(7)『フランスレストラン紀行』佐原秋生・白水社

 

 

(14)『ひとり暮らし料理の技術』津村喬・野草社(発売・新泉社)

(15)『私のおもてなし料理』ホルトハウス房子・文化出版社

(16)『おかず咄』牧羊子集英社文庫

 

(21)『料理上手で食べ上手』森須滋郎・新潮社

(22)『食通知ったかぶり』丸谷才一文藝春秋

 

(25)『酒呑みのまよい箸』浅野陽・文化出版

 

(28)『おばんざい 京の台所歳時記』秋山十三子・大村しげ・平山千鶴・現代企画室・現在は、光村推古書院刊『京のおばんざい』

(29)『しあわせな食卓』増田れい子・北洋社

 

(33)『おばあさんの引出し』佐橋慶女・文藝春秋

(34)『娘に伝える私の味』辰巳浜子・婦人之友社

 

(38)『ジョージ君の満腹カタログ』東海林さだお文藝春秋

(39)『食生活を探検する』石毛直道文藝春秋

 

(41)『野生の食卓』甘糟幸子・文化出版

(42)『戦争中の暮らしの記録 保存板』暮らしの手帖編集部・暮らしの手帖社

(43)『釣りの科学』檜山義夫・岩波新書

(44)『聡明な女性は料理がうまい』桐島洋子主婦と生活社・文春文庫

 

 

 

(48)『坊ちゃん』夏目漱石新潮文庫

 

 

(53)『新潮日本文学17 井伏鱒二集』井伏鱒二・新潮社

(54)『夫婦善哉織田作之助新潮文庫

 

(56)『幼年時代』立原正秋・新潮社

 

(59)『如何なる星の下に』高見順新潮文庫

(60)『アメリカひじき・火垂るの墓野坂昭如新潮文庫

 

 

(64)『迷惑旅行』山口瞳・新潮社

 

(67)『鬼平犯科帳池波正太郎文藝春秋・文春文庫

 

(70)『最後の晩餐』開高健文藝春秋

 

(79)『京まんだら(上)(下)』瀬戸内晴美講談社・新潮社

(80)『寺泊』水上勉・筑摩書房

(82)『黒い御飯』筑摩現代文学大系56 永井龍男集より・永井龍男・新潮日本文学18 永井龍男 所収

 

(84)『捕物小説全集 右門捕物帖』佐々木味津三春陽堂春陽文庫

(85)『饗宴』吉田健一KKロングセラーズ  [(46)『楽しみと冒険3 美食文学大全』に掲載]

 

(88)『ママと星条旗とアップルパイ』ラッセル・ベイカー他・集英社

 

 

(92)『門番の飼猫』E・S・ガードナー・ハヤカワミステリ・ハヤカワ・ミステリ文庫

(93)『リヴァーサイドの殺人』キングズリイ・エイミス早川書房

 

 

 

 

(101)初出「向田邦子が選んだ食いしん坊に贈る100冊の本」話の特集1981年3月号